【被災地からのコラム】釜石の中学生が「新聞づくり」で市長インタビュー 朝日新聞釜石支局・山浦正敬

岩手県釜石市の釜石中学校の生徒25人が、8月3日~7日、本格的な新聞づくりに挑戦しました。テーマに選んだのは「市長」「世界遺産」「ラグビーW杯」「地域おこしイベント」、そして駅前での「突撃取材」。市長への取材で生徒たちは、「市長の考える釜石の未来は」などと質問し、市長が「難しい質問だな」とうなる場面も。震災時小学生だった生徒たちは、復興だけでなく、その先の釜石がどうなるかが気になっているようでした。

岩手県釜石市の中学生たちが8月3~7日、本格的な新聞づくりに挑戦しました。被災地で教育支援を続けるNPOの企画で、今年で3回目です。地元駐在記者として助言役を務めました。過去2年の新聞と今回できあがった新聞を並べてみると、中学生の視点でとらえた震災復興の現状が見えてきます。

新聞づくりに取り組んだのは釜石中学校の1~3年の男女25人です。校区には津波に襲われた市中心部が含まれます。全員でテーマに選んだのは「市長」「世界遺産」「ラグビーW杯」「地域おこしイベント」、そして駅前での「突撃取材」の五つでした。

市長と名刺交換.jpg写真:取材前に市長と名刺交換する生徒たち=5日、岩手県釜石市役所の市長室

相手から話を引き出すコツや写真撮影のポイントなどを学んでから班分けです。意外だったのは「市長」の希望者がすぐに現れたことでした。おじけづいて誰も手を挙げないかと心配していたらむしろ逆でした。市長室での取材に同行してみて理解できました。

「市長の考える釜石の未来は」「ボランティアが減ってきているが」「中学生にがんばってほしいと思うことは」。震災時は小学生だった生徒たちは、復興だけでなく、その先の釜石がどうなるかが気になっているようです。野田武則市長は「難しい質問だな」とうなりながらも何とか答えていました。

企画したNPOは「国境なき子どもたち」(東京)です。 釜石市内でさえ、被災した子と被災を免れた子がいます。時間が経つにつれ、世の中だけでなく、子どもたちの間でも風化が進みます。そこでまず、ふる里・釜石を見つめ直してもらいたいと企画したそうです。

DSC_8262.jpg写真:駅を利用する旅行者に突撃取材する生徒たち=5日、岩手県釜石市の釜石駅前

そのために選んだのがメディアの仕事体験です。人に話を聞きに行くことで視野が広がり、情報発信で自己表現することで達成感も得られると期待したそうです。昨年までビデオ映像やラジオ番組、 ファッション雑誌の製作なども挑戦してきました。

新聞づくりは今回で3回目です。初回の2013年のトップ記事は市長インタビューで、見出しは「公営住宅整備へ全力」。3千戸以上の仮設住宅が建てられた市内で、当時完成した災害公営住宅はまだ1棟(54戸)だけでした。2番手は被災した市中心部へのキッチンカーの新規出店でした。

第2回となる昨年のトップは「お帰り笑顔 夏熱く」です。震災で中断した地元の夏祭りが完全復活する話題です。新聞発行直後のイベントで、釜石中学生も参加しました。脇の記事は大型商業施設の進出で、「復興の核」と紹介しました。

完成した新聞.jpg写真:完成した新聞は編集・印刷されて市内で配布される=5日、岩手県釜石市中妻1丁目の釜石中学校

そして今回のトップは7月に世界遺産登録が決まった「橋野高炉跡」でした。見出しの一つは「被災地に元気を」。復興途上の郷土を自分の足と目、耳で見て考えた生徒たちは「人前で質問するのは大変だったけど勉強になった」などと話していました。

指導したNPO岩手事務所の鎌田舞衣さん(28)は「これからも何事にも積極的に挑戦してほしい」とエールを送っていました。

ウェブベルマークとは

教育支援のパイオニア ベルマークのウェブ版

2013年9月、東北被災校支援をきっかけに始まりました。 自己負担がなく、ネットショッピングで支援金を生み出すことができる仕組みです。

>詳しくは、こちらへ!

Yahoo!ネット募金

Tポイントやクレジットカードで、寄付できるようになりました。

>寄付は、こちらから!

1クリック募金(協賛サイト負担)

ひとり1日1回クリックするだけ、東北被災校へ1円募金!

↓このバナーからウェブベルマークサイトへ。

ネットショッピングで、東北の被災校支援を。Web Bellmark

ウェブベルマーク紹介動画

人気記事

カテゴリー

ウェブベルマークをPRしよう!データ(チラシ・説明資料)をダウンロードできます!

チラシデータ(PDF A5版 カラー・モノクロ)と2017年度説明会にて使用する説明資料(パワポ・PDF)をご用意しています。自由に加工してください。

> チラシデータのダウンロードは、こちら!

> 説明資料・のぼりデータのダウンロードは、こちら!

2017年度版のチラシデータをご用意しました。(2017/03/14)

NEW! 2017年度版の説明資料(パワポ・PDF)をご用意しました。(2017/04/21)

NEW! 説明会会場で掲示しているのぼりデータ(PDF)をご用意しました。(2017/05/12)

LINE公式アカウント

ウェブベルマークLINE公式アカウントです
@webbellmarkでも検索可能です
「利用」「アプリ」など、トークで話しかけてみてください!

友だち追加数