【被災地からのコラム】支援の本で迎える、被災校の「読書の秋」 朝日新聞釜石支局・山浦正敬

読書の秋です。岩手県釜石市立鵜住居小学校の図書室には連日のように、本を抱えた児童たちが列を作ります。10月下旬の2時限目と3時限目の間の「中休み」でした。貸し出しカードに確認印を押すのは図書委員山崎将君(11)です。山崎君は「伝記が人気です。僕は4月から小説など83冊読みました」と話してくれました。


東日本大震災の津波で校舎が全壊してから4年8カ月です。移った先のプレハブ仮設校舎の図書室には絵本や伝記、図鑑、漫画、小説が並びます。その背表紙に「鵜住居」の「う」と手書きした橙色の丸いシールの貼られた本が目立ちます。

あの日、2年生だった山崎君を含む全校児童は、隣接する釜石東中学校の生徒と一緒に約3㌔離れた高台を走る三陸道まで逃げました。子供たちは通りかかったトラックの荷台などに乗せてもらい、市役所そばの避難所までたどり着きました。両校の校舎は全壊しました。小学校の図書室にあった2622冊の本もすべて流されました。

unnamed_(9).jpg
写真説明:仮設校舎の図書室には震災直後の支援分を示す「う」シールの貼られた本が並ぶ=釜石市鵜住居町の鵜住居小学校

児童たちは、市内でも津波の到達しなかった2つの小学校に間借りして勉強を続けました。すると、惨状を知った全国の人たちから本が届き始めました。家庭にあった絵本などです。その時に受け取った本の背表紙に貼ったのが、「う」のシールでした。間借りした学校の蔵書にまぎれないようにするためです。その数は最初の1年間だけで2655冊に上りました。震災前の蔵書とほぼ同数で、学校で新たに購入した320冊の8倍です。

震災からほぼ1年後にプレハブの仮設校舎に移りました。その後も本の支援が続きます。次第に新品の本が増えました。図書券や「本を買って下さい」と現金を送ってくれる人もいます。昨年8月に数えてみると、支援でそろえた本は4199冊になっていました。学校で購入した本も合わせると5040冊に増えました。

unnamed_(8).jpg
写真説明:「花巻北高校の図書委員」から届いた本に添えられていた手紙。高校生の温かい気持ちが込められていた=釜石市鵜住居町の鵜住居小学校

「今も支援が続いています」。村上清校長が今年5月に発行した学校通信を見せてくれました。岐阜県関市の富岡小学校が資源回収で得た現金を「すてきな本を買ってみなさんで読んでいただければ」と送ってくれた記事が載っています。その1年前に学校を訪れた市長が地元に戻って市民に募金を呼びかけたのがきっかけだそうです。

それでも学校の蔵書は国の示す標準の7割程度です。同様に校舎が全壊した市内の唐丹小学校は9割。同じ敷地のプレハブ校舎で授業をする釜石東中学校も保管場所が足りずに5割です。校舎が被災しなかった市内の小中学校はほとんどが標準を超えています。2倍の学校もあり、被災して仮設校舎の学校の充足率の低さが際立ちます。市教育委員会は市の基金を使って、充足率の低い学校に購入予算をより多く配分しています。

市内の小学生は今、平均で1年間に約50冊の本を読むそうです。震災前は33冊でした。「新しい本が入ると図書室に来る子供が増える」と鵜住居小学校の図書担当教諭は言います。震災直後は漫画など子供に人気の本を選んだ学校は今、教科書で紹介される本など学習に役立つ本をそろえようとしています。出版社からは震災を扱った本の提案もありますが、「まだまだ当時を思い出してつらい思いをする子どもたちもいるから」と記録写真集などは避けているそうです。

「中休み」に図書室で貸し出し・返却するのには理由があります。校区は津波で壊滅的な被害を受けました。離れた地にある仮設住宅に住む児童が多く、169人の全校児童の7割以上が、放課後すぐに発車するスクールバスに乗らなければならないからです。


写真説明:中休みが始まると、本を借りる児童たちが大勢、図書室を訪れた=釜石市鵜住居町の鵜住居町学校

図書室に3時限目が始まるチャイムが響きました。本を抱えた児童たちが一斉にプレハブ校舎の廊下を教室に戻ります。1年半後には高台造成地に小中学校の校舎が完成する予定です。共用の大きな図書室が備えられます。誰もが楽しみにしています。新校舎の建つ高台からは、海近くで被災した両校の跡地が望めます。そこには2019年のラグビー・ワールドカップ(W杯)で使う新スタジアムが建設されます。

ヘッダー写真説明:図書貸し出しコーナーにカードに児童たちが列を作った=釜石市鵜住居町の鵜住居小学校

ウェブベルマークとは

教育支援のパイオニア ベルマークのウェブ版

2013年9月、東北被災校支援をきっかけに始まりました。 自己負担がなく、ネットショッピングで支援金を生み出すことができる仕組みです。

>詳しくは、こちらへ!

Yahoo!ネット募金

Tポイントやクレジットカードで、寄付できるようになりました。

>寄付は、こちらから!

1クリック募金(協賛サイト負担)

ひとり1日1回クリックするだけ、東北被災校へ1円募金!

↓このバナーからウェブベルマークサイトへ。

ネットショッピングで、東北の被災校支援を。Web Bellmark

ウェブベルマーク紹介動画

人気記事

カテゴリー

ウェブベルマークを広めるチラシデータがダウンロードできます!

ベルマーク運動参加校の保護者向けに
チラシデータ(A4版・A5版)をご用意しています。

>ダウンロードは、こちら!

A5版チラシの郵送申し込みは、終了いたしました。(2016/08/31)

モノクロのデータ(A4版)をご用意しました。(2017/01/23)

LINE公式アカウント

ウェブベルマークLINE公式アカウントです
@webbellmarkでも検索可能です

友だち追加数