【被災地からのコラム】笑顔届ける「子ども朝市」にグッドデザイン賞 朝日新聞石巻支局・茂木克信

社会を豊かにする商品やサービスに贈られる今年度のグッドデザイン賞を、宮城県東松島市赤井地区の「子ども朝市」が受賞しました。受賞理由は「みんなが喜べて、交流できる場」。震災後の子どもたちの話し合いから生まれ、地域の大人たちに、おいしい野菜と笑顔を届けています。


グッドデザイン賞は、公益財団法人日本デザイン振興会(東京)が主催しています。対象は、電化製品や乗用車、ビジネスモデルから地域づくりと幅広く、受賞すると「Gマーク」が使えます。今年度は審査対象3658件から1337件が選ばれ、そのひとつが、赤井地区の「子ども朝市」です。

朝市を開いたのは、小学5年~高校3年の27人でつくる「あかいっこカンパニー」です。今年度は6月から月1、2回ほどのペースで集まり、チラシや商品のポップを手作りするなど、準備を重ねてきました。地元農家12軒から仕入れた野菜は約20種類。大根(1本100円)は100本、ホウレンソウ(1袋120円)は70袋、レタス(1玉150円)は40玉用意しました。

朝市は11月8日朝8時に始まりました。「新鮮な野菜はいかがですかー」。子どもたちのかけ声が地区の児童公園に響き、一気に活気づきました。子どもたちのかけ声に誘われるかのように、買い物客の手が次々伸び、なんと2時間で完売しました。

151201-1.jpg
写真説明:商品のポップは子どもたちの手作りだ

ひときわ大きな声で売り込みをした東松島市立矢本第二中学1年、桜井まゆさん(13)は「『安いね』と喜んでもらえるので熱が入りました」。中学生離れしたしっかりとした様子に、40歳を過ぎた記者は感心しました。

この日は、前回より4万円ほど多い約20万円を売り上げました。利益の計算はこれからですが、去年は残った4万円でクリスマスケーキを焼き、打ち上げを開くことができました。今年のクリスマスも期待できそうです。

赤井地区では、震災の津波で48人が犠牲になりました。子どもたちは震災の翌年、地区が元気を取り戻すために何ができるかを1年かけて話し合い、にぎわいの場として朝市を考え出しました。13年11月に初の朝市を開きました。

2年目の去年は、より本物の商売に近づけようと、「カンパニー」のロゴや、社長といった役員を決めました。名刺も作り、農家へのあいさつや仕入れ値の交渉などの際に使っています。今年8月には、宮城県名取市閖上地区の朝市を視察しました。社長歴2年の中学2年生渥美静花さん(15)は「社会勉強できるのも魅力です」と言います。

地区自治協議会の渥美耕太郎会長(64)は「親や祖父母も集まり、世代を超えた交流が生まれる。子どもを中心に地域を動かし、まちおこしにつなげたい」と期待しています。将来を担う子どもたちが、地区で盛んな農業を通じて大人たちを笑顔にする。この取り組みが、地区の名物として続いていくといいですね。

151201-3.jpg
写真説明:朝市の一角でグッドデザイン賞の認定証の授与式も行われた


ヘッダー写真説明:地元農家から仕入れた野菜を懸命に売る桜井まゆさん(左)

ウェブベルマークとは

教育支援のパイオニア ベルマークのウェブ版

2013年9月、東北被災校支援をきっかけに始まりました。 自己負担がなく、ネットショッピングで支援金を生み出すことができる仕組みです。

>詳しくは、こちらへ!

Yahoo!ネット募金

Tポイントやクレジットカードで、寄付できるようになりました。

>寄付は、こちらから!

1クリック募金(協賛サイト負担)

ひとり1日1回クリックするだけ、東北被災校へ1円募金!

↓このバナーからウェブベルマークサイトへ。

ネットショッピングで、東北の被災校支援を。Web Bellmark

ウェブベルマーク紹介動画

人気記事

カテゴリー

ウェブベルマークをPRしよう!データ(チラシ・説明資料)をダウンロードできます!

チラシデータ(PDF A5版 カラー・モノクロ)と2017年度説明会にて使用する説明資料(パワポ・PDF)をご用意しています。自由に加工してください。

> チラシデータのダウンロードは、こちら!

> 説明資料・のぼりデータのダウンロードは、こちら!

2017年度版のチラシデータをご用意しました。(2017/03/14)

NEW! 2017年度版の説明資料(パワポ・PDF)をご用意しました。(2017/04/21)

NEW! 説明会会場で掲示しているのぼりデータ(PDF)をご用意しました。(2017/05/12)

LINE公式アカウント

ウェブベルマークLINE公式アカウントです
@webbellmarkでも検索可能です
「利用」「アプリ」など、トークで話しかけてみてください!

友だち追加数