【被災地からのコラム】「現状変えたい」復興決意、大熊中で卒業式 朝日新聞福島総局・伊沢健司

ふるさとの福島県大熊町から引き離されて5年。町立大熊中学校の卒業式が3月11日、避難先の会津若松市で開かれました。原発事故で住民はばらばらとなり、生徒数は10分の1近くまで減少。それでも卒業生たちは故郷を思い、手探りで未来と向き合っています。

卒業式は、授業や部活で使わせてもらってきた短大の体育館で開かれました。

「きょうは、あの日と同じ3月11日。すべてが変わり、日常生活は一変しました」。式典の終盤、26人の卒業生を代表して、生徒会長の遠藤瞭君(15)が、この5年を振り返りました。

あの日、町立小の4年生だった遠藤君は校内で激しい揺れに見舞われました。夜には原発事故に伴う避難指示などが発令され、両親や姉と、福島県のいわき市や東京都の親戚宅を転々としました。町の小中学校が再開されると聞いて、4月に会津若松市にやってきましたが、同級生は半分になっていました。

沿岸部の大熊町から、内陸の会津若松市まで約90キロ離れています。震災まで371人いた大熊中の生徒は43人に。町の人口は住民票でみるといまも約1万人いますが、町内は「無人」。町役場や学校が避難している会津地域に1500人ほどが暮らし、残りは県内のいわき市や郡山市のほか、県外の38都道府県に散らばっています。

この日の卒業式には、かつての住所にもとづいて区長を務める坂上信行さん(68)も出席しました。2年前から栃木県宇都宮市に暮らしていますが、卒業式に駆けつけました。「大熊では登下校の生徒とあいさつするのが楽しみだった。卒業おめでとうと、以前は簡単に声かけられたのにね。自分の年齢では将来、町に戻るのは難しい。でも、若い人なら戻ろうと考える人もいるのでは」

遠藤君は春から、大熊町と同じ沿岸部にある広野町の県立ふたば未来学園高へ進学します。原発事故の影響で、ばらばらになった地域の子どもたちのために昨春開校しました。復興の担い手の育成を建学の精神のひとつに掲げています。

進路を決める前の昨秋、遠藤君は震災後初めて大熊町の自宅に戻りました。放射線量が高く、15歳未満の一時帰宅は禁止されていますが、「自分の目で見たい」とずっと思ってきました。誕生日を迎えた2日後、防護服に身を包んで町に入りました。

「記憶があいまいになっていて、現実とかみ合わない」。避難から4年半が過ぎ、身長が30センチ以上伸びたからでしょうか。家や庭、道が思っていたよりも狭く感じたそうです。「頭の中のきれいな町と、目の前の現実が違う。この現状をどうにか変えたい」。そんな感情が芽生えたといいます。

遠藤君は卒業式後、広野町の隣のいわき市へ家族と引っ越しました。卒業生26人のうち半数は会津地域に残る見通しですが、残りは県内のほかの地域の高校に進む予定です。

卒業式のあいさつの最後で、遠藤君はマイクから離れ、25人の仲間たちの方を向いて大きな声で思いを体育館に響かせました。「卒業してもずっと友だちでいましょう。たまにはみんなで集まって遊び、これまで通り笑っていましょう。新しい制服を着た皆さんに会えるのが今からとても楽しみです」
避難先の仮設校舎でともに過ごした特別な仲間たちへ。その言葉に、会場は温かい拍手に包まれました。

写真3福島県大熊町立大熊中学校の体育館仙波理撮影.jpeg
写真説明:当時の卒業式会場が、そのままになっている福島県大熊町立大熊中学校の体育館。時計の針は地震が発生した午後2時46分過ぎを示したままだ=3月5日、福島県大熊町、仙波理撮影

5年前の3月11日も、大熊中の卒業式の日でした。卒業生代表としてあいさつに立った石黒隼哉(しゅんや)さん(20)ら当時の3年生120人の多くは成人となりました。

あの日。地震が襲ったのは、卒業式の後でした。石黒さんは母校の小学校に出かけて、校長先生にあいさつをしていました。ゴゴーッと地面から音が聞こえ、歴代の校長の写真の額縁が壁から落ちてきました。

慌てて校庭に逃げると子どもたちがしゃがみ込み泣いていました。「パニック状態でした」。もともと進学が決まっていた郡山市内の高校に入学する4月まで、県内外で避難生活を送りました。いまは、東京の大学に通っています。

今年1月にあった成人式など、機会を見つけては、両親が落ち着いた郡山市に帰省しています。「戻ったときは、大熊中時代の同級生と集まるのが楽しみ」。3月上旬も、同級生2人と郡山市で会いました。

写真2「野球部は強かったんですよ」伊沢健司撮影.jpeg
写真説明:「野球部は強かったんですよ」。5年前の大熊中の卒業アルバムを見ながら思い出を語る(左から)吉田和樹さん、石黒隼哉さん、田村大輔さん=福島県郡山市、伊沢健司撮影

田村大輔さん(20)も都内の大学に通っています。震災後、千葉県柏市に避難しました。本来は大熊町の近くにある高校に進学するはずでしたが、千葉の高校に進みました。故郷から離れ、さびしさを感じていた高校2年のとき、福島まで石黒さんに会いに出かけ、ホッとしたのを覚えているそうです。

吉田和樹さん(20)は、家族と神奈川県川崎市やいわき市などを転々とし、高校卒業後に大熊町職員となりました。現在は会津若松市内にある町役場で働いています。就職のきっかけは、親戚の役場職員から無人となった大熊町の現状を聞いて、「元の町に戻すための仕事がしたい」と思ったからでした。現在は住民課に配属され、国民健康保険に関わる仕事をしています。「将来は復興に直接関係した仕事に携わりたい。同級生が戻りたいと言ってくれる町にするのが夢です」

その力強い言葉と、3人が互いを尊敬し合う姿に、胸を打たれました。応援したい。大熊中学や卒業生の取材を今後も続けていこうと、心に決めました。

ヘッダー写真説明:卒業式を終え、見送りを受けながら仮設校舎を出る大熊中学校の生徒たち。左は遠藤瞭君=福島県会津若松市、諫山卓弥撮影

ウェブベルマークとは

教育支援のパイオニア ベルマークのウェブ版

2013年9月、東北被災校支援をきっかけに始まりました。 自己負担がなく、ネットショッピングで支援金を生み出すことができる仕組みです。

>詳しくは、こちらへ!

Yahoo!ネット募金

Tポイントやクレジットカードで、寄付できるようになりました。

>寄付は、こちらから!

1クリック募金(協賛サイト負担)

ひとり1日1回クリックするだけ、東北被災校へ1円募金!

↓このバナーからウェブベルマークサイトへ。

ネットショッピングで、東北の被災校支援を。Web Bellmark

ウェブベルマーク紹介動画

人気記事

カテゴリー

ウェブベルマークをPRしよう!データ(チラシ・説明資料)をダウンロードできます!

チラシデータ(PDF A5版 カラー・モノクロ)と2017年度説明会にて使用する説明資料(パワポ・PDF)をご用意しています。自由に加工してください。

> チラシデータのダウンロードは、こちら!

> 説明資料・のぼりデータのダウンロードは、こちら!

2017年度版のチラシデータをご用意しました。(2017/03/14)

NEW! 2017年度版の説明資料(パワポ・PDF)をご用意しました。(2017/04/21)

NEW! 説明会会場で掲示しているのぼりデータ(PDF)をご用意しました。(2017/05/12)

LINE公式アカウント

ウェブベルマークLINE公式アカウントです
@webbellmarkでも検索可能です
「利用」「アプリ」など、トークで話しかけてみてください!

友だち追加数