【被災地からのコラム】長谷部選手を囲む園児たち。かけがえのない子どもたちの笑顔 朝日新聞気仙沼支局・佐々木達也

サッカー日本代表の長谷部誠選手が6月8日、東日本大震災後に支援を続けている宮城県南三陸町のあさひ幼稚園を訪れ、子どもたちと楽しいひとときを過ごしました。幼稚園のある志津川地区は、中心市街地が津波で壊滅的な被害を受けました。高台にある仮設園舎から見える景色は今、津波から街を守る盛り土の真っ最中です。そんな中、長谷部選手を囲んだ園児たちの屈託のない笑顔が印象的でした。


「おかえりなさ~い」。長谷部選手が車から降りてくると、園児たちは大声で出迎えました。来訪は6回目。子どもたちはすぐに長谷部選手を取り囲み、くっついて離れません。長谷部選手は前日に大阪で試合を終えたばかり。「お帰りなさいの会」で子どもたちを前に、「今朝、飛行機に乗って会いにきました。試合に負けちゃったんで、元気をもらいにきました」とみんなを笑わせました。

unnamed.jpg
写真説明:到着した長谷部選手を取り囲む園児たち=宮城県南三陸町志津川

幼稚園では昨年から、園児のチームを作ってサッカーを楽しんでいます。長谷部選手はチームごとの応援旗作りに加わりました。サッカーボールや子どもたちに人気のキャラクターを描いたり、子どもたちの絵を手伝ったりしました。最後は園庭に出て、ボール遊びをしました。

長谷部選手は2011年12月から毎年、あさひ幼稚園を訪問しています。1億円を超える寄付をし、津波で流された園舎の再建に協力するなど、継続的に支援をしています。

震災後、激しい揺れと巨大な津波に見舞われ、住み慣れた我が家を失った被災者の「心的外傷後ストレス障害」(PTSD)が注目されました。子どもたちの心の傷はより深刻でした。

私は震災の年の9月から2年間、福島県の南相馬支局で勤務しました。福島県内は原発事故の影響で、親たちが子どもたちに屋外で遊ぶことを控えさせ、子どもの姿が街中から消えた時期がありました。

そんな中、有名なサッカー選手らが被災地に入り、体育館で小学生と触れ合う活動を展開しました。サッカー選手ばかりではありません。多くの人たちが子どもたちに手を差し伸べました。自ら被災しながらも、子どもたちの居場所づくりのため、サマースクールを企画した地元住民もいました。ストレスを抱える子どもたちを気遣う試みはいろいろありました。

今年5月末、熊本地震の被災地を取材しました。その折り、避難所暮らしをしている熊本市内の友人が、被害の大きかった益城町の小学校で、放課後に子どもたちと遊ぶ支援の様子を見学しました。大人にまとわりつく子どもたちが多い一方で、急に行動が荒くなる子もいました。東日本大震災のときと同じように、避難生活のストレスが心配されます。

子どもたちが屈託のない笑顔を取り戻すことは、何より子どもたち自身のためです。でも、それだけではありません。子どもたちが元気になれば、周りの大人からも笑みがこぼれます。だからこそ、かけがえないのが、「子どもの笑顔」なのです。


ヘッダー写真説明:サッカーボールの絵を描く長谷部選手を取り囲む園児たち。身を乗り出し、目を輝かせる=宮城県南三陸町志津川

ウェブベルマークとは

教育支援のパイオニア ベルマークのウェブ版

2013年9月、東北被災校支援をきっかけに始まりました。 自己負担がなく、ネットショッピングで支援金を生み出すことができる仕組みです。

>詳しくは、こちらへ!

Yahoo!ネット募金

Tポイントやクレジットカードで、寄付できるようになりました。

>寄付は、こちらから!

1クリック募金(協賛サイト負担)

ひとり1日1回クリックするだけ、東北被災校へ1円募金!

↓このバナーからウェブベルマークサイトへ。

ネットショッピングで、東北の被災校支援を。Web Bellmark

ウェブベルマーク紹介動画

人気記事

カテゴリー

ウェブベルマークをPRしよう!データ(チラシ・説明資料)をダウンロードできます!

チラシデータ(PDF A5版 カラー・モノクロ)と2017年度説明会にて使用する説明資料(パワポ・PDF)をご用意しています。自由に加工してください。

> チラシデータのダウンロードは、こちら!

> 説明資料・のぼりデータのダウンロードは、こちら!

2017年度版のチラシデータをご用意しました。(2017/03/14)

NEW! 2017年度版の説明資料(パワポ・PDF)をご用意しました。(2017/04/21)

NEW! 説明会会場で掲示しているのぼりデータ(PDF)をご用意しました。(2017/05/12)

LINE公式アカウント

ウェブベルマークLINE公式アカウントです
@webbellmarkでも検索可能です
「利用」「アプリ」など、トークで話しかけてみてください!

友だち追加数