【被災地からのコラム】被災地を元気づける高校生フラガール 朝日新聞 いわき支局・長橋亮文

フラガールズ甲子園が8月21日に福島県いわき市で開かれました。第6回を迎える今回、13都県から過去最多の25校が参加し広がりをみせています。裏方として地元の高校生が大会を支え、宮城県からは「同じ被災地を元気づけたい」との思いをもった高校生が参加しました。


映画「フラガール」で有名になったいわき市。本番を2日後に控えた19日、会場の一室に磐城桜が丘高校の高校生約10人が集いました。新聞局や放送局の生徒です。放送局の生徒は、演技前のチーム紹介や曲紹介をアナウンスします。原稿を何度も声に出して読んで練習していました。「初めてのアナウンスなので、緊張します。演技にかける思いを伝えたいです」と遠藤更紗(さらさ)さん(2年)は話してくれました。新聞局は大会を盛り上げるため当日の開演前に配る「号外」の作成を担当します。事前のリハーサルなどを取材して原稿を書きます。どんなインタビューをしたらいいか、写真はどんなサイズで掲載するかなどをみんなで打ち合わせます。局長の佐藤杏美(あみ)さん(2年)は「高校生ならではの視点を大事にして、原稿をしたい」と意気込んでいました。


写真説明:リハーサルで前回最優秀賞のいわき総合高校に取材する磐城桜が丘高校の生徒たち=いずれも、いわき芸術文化交流館アリオス

さて、本番。前売り券は完売し、会場は満員になりました。高校生のフラガールたちは緊張もあったでしょうが、笑顔を絶やさずに緩やかなリズムで踊る「フラ」と激しく体を動かす「タヒチアン」のダンスを披露しました。最優秀賞には、初めて平商業(いわき市)が選ばれました。リーダーの江尻美咲さん(3年)は「信じられません。本当にうれしいです。動画を撮影して演技でずれているところを徹底して練習で直した成果が出ました」と喜んでいました。

写真2)平商.jpg
写真説明:最優秀賞を受賞した平商業

宮城県から来た、定時制の石巻北高校飯野川校の3人は「同じ被災地を勇気づけたい」との思いをもって踊りました。東日本大震災の津波で友達や親戚を失ったメンバーや、不登校を経験したメンバーもいます。

出場のきっかけは、保健室でした。フラダンスを8年ほど続けていた養護教諭の星亜紀先生(38)が前回大会の映像を後にリーダーとなる阿部瑠奈さん(4年)に見せ、2人で踊っていました。フラのすてきな衣装に魅了された阿部さんはだんだん「大会に出たい」と考えるようになりました。3人以上でないと出場できないため、保健室に出入りする生徒を誘いました。しかし、せっかくメンバーになっても、それぞれ仕事や資格取得の勉強などで時間が合わずに、みんなそろっての練習時間は限られました。
本番では、月に照らされた静かな海をイメージした衣装で踊り、会場から大きな拍手を受けました。阿部さんは「夢中になれるものを見つけた」と大きな達成感を得た様子でした。高校の文化祭でもダンスを披露するそうです。

写真1)石巻北.png
写真説明:「月の夜は」を踊る石巻北高校飯野川校の生徒たち

東日本大震災と原発事故から5年半が経とうとしていますが、いまだに原発被災地では風評被害が残り、いわき市の観光客は事故前の水準には戻っていません。ただ、フラガールの本拠であるスパリゾートハワイアンズ(いわき市)の客数は回復し、事故前を上回っています。フラガールズ甲子園にも全国から高校生が集まりました。1960年代半ばの炭鉱閉山から「フラ」をきっかけにして活気を取り戻したいわき市では、原発事故からの復興にもフラが大きな役割を担っているようです。


ヘッダー写真説明:閉会式では、全参加者がステージに上って演技した

ウェブベルマークとは

教育支援のパイオニア ベルマークのウェブ版

2013年9月、東北被災校支援をきっかけに始まりました。 自己負担がなく、ネットショッピングで支援金を生み出すことができる仕組みです。

>詳しくは、こちらへ!

Yahoo!ネット募金

Tポイントやクレジットカードで、寄付できるようになりました。

>寄付は、こちらから!

1クリック募金(協賛サイト負担)

ひとり1日1回クリックするだけ、東北被災校へ1円募金!

↓このバナーからウェブベルマークサイトへ。

ネットショッピングで、東北の被災校支援を。Web Bellmark

ウェブベルマーク紹介動画

人気記事

カテゴリー

ウェブベルマークを広めるチラシデータがダウンロードできます!

ベルマーク運動参加校の保護者向けに
チラシデータ(A4版・A5版)をご用意しています。

>ダウンロードは、こちら!

A5版チラシの郵送申し込みは、終了いたしました。(2016/08/31)

モノクロのデータ(A4版)をご用意しました。(2017/01/23)

LINE公式アカウント

ウェブベルマークLINE公式アカウントです
@webbellmarkでも検索可能です

友だち追加数