【事務局リレーコラム】東大阪市が市をあげてベルマーク集め!ベルマーク教育助成財団 常務理事・中島泰

 全国の学校に教材を送るベルマーク財団はいま、2015年度の事業計画と予算編成に追われています。3月4日に理事会があり、予算案が審議されます。

 学校のPTAの皆さんがベルマークを集め、自分の学校の設備に使われるのが、年度ごとに約5億点=5億円です。

 これとは別に、ウェブベルマークをはじめ、財団に寄付いただく資金をもとに東北の被災校などへの支援が年度ごとに1億円近くにのぼります。

 先週末の2月20日に大阪府東大阪市で、市をあげてベルマークを集め、それを市内の学校と東北被災校に半分ずつ贈ろうという運動の会合があり、出席してきました。

 野田義和市長=写真=は「民間の力で毎年これだけ学校に助成しているのは素晴らしい」とベルマークを評価され、東大阪市が加わることになった理由を話しました。市内の七地域にあるリージョンセンターを拠点にするほか、市職員が加わります。

 東大阪市は東京都大田区とならぶ先端技術の中小企業が集まる街で、地元の力で人工衛星「まいど」を宇宙に送り込んだことで有名です。

 今回はベルマーク集めを地域に広げるプロジェクトですが、みんなで東北の被災地を応援するという考えはウェブベルマークと同じです。自治体や企業、労働組合など様々な場所で、ベルマークとウェブベルマークを生かし、力になろうという動きが始まっています。二つの輪が広く広がってほしいですね。

 私たちベルマーク財団は、集まった善意を学校現場にお届けする実施部門の役割を、これからも果たしてゆきます。ウェブベルマークにご参加のみなさん、ネットでのお買いものでお力を貸してください。

ウェブベルマークで、東北支援を続けよう!


ウェブベルマークは、いつでも誰でも、自宅でできるボランティア。

ネットショッピングの前に、ウェブベルマークサイトを経由するだけ。
あとは自動的に、1円の負担もなく、東北支援を継続できます。
まずは、ウェブベルマークサイトへアクセス!↓↓
https://www.webbellmark.jp/

ウェブベルマークとは

教育支援のパイオニア ベルマークのウェブ版

2013年9月、東北被災校支援をきっかけに始まりました。 自己負担がなく、ネットショッピングで支援金を生み出すことができる仕組みです。

>詳しくは、こちらへ!

Yahoo!ネット募金

Tポイントやクレジットカードで、寄付できるようになりました。

>寄付は、こちらから!

1クリック募金(協賛サイト負担)

ひとり1日1回クリックするだけ、東北被災校へ1円募金!

↓このバナーからウェブベルマークサイトへ。

ネットショッピングで、東北の被災校支援を。Web Bellmark

ウェブベルマーク紹介動画

人気記事

カテゴリー

ウェブベルマークをPRしよう!データ(チラシ・説明資料)をダウンロードできます!

チラシデータ(PDF A5版 カラー・モノクロ)と2017年度説明会にて使用する説明資料(パワポ・PDF)をご用意しています。自由に加工してください。

> チラシデータのダウンロードは、こちら!

> 説明資料・のぼりデータのダウンロードは、こちら!

2017年度版のチラシデータをご用意しました。(2017/03/14)

NEW! 2017年度版の説明資料(パワポ・PDF)をご用意しました。(2017/04/21)

NEW! 説明会会場で掲示しているのぼりデータ(PDF)をご用意しました。(2017/05/12)

LINE公式アカウント

ウェブベルマークLINE公式アカウントです
@webbellmarkでも検索可能です
「利用」「アプリ」など、トークで話しかけてみてください!

友だち追加数