【事務局リレーコラム】陸前高田・気仙中学校のチャリティー年賀状 朝日新聞社・鈴木健

 東日本大震災で被災した東北の学校を支援する「チャリティー年賀状学生デザインコンテスト 2015」(博報堂アイ・スタジオ主催)には、被災した岩手県陸前高田市立気仙中学校からも2作品の応募がありました。応募作は優秀作106点に選ばれ、昨年11月から「ネットで年賀状」サイトで発売されました。

 応募作の1点は同中の2年生が作った作品で、校歌で歌われている愛宕山から市内を望む写真をデザインしました。いま愛宕山は切り崩され、その土は市内に運ばれ復興に使われています。作品には、「校歌の山が無くなるのはとても寂しいけれど、みんなのお家が早くたってほしいと思います」と思いが添えられています。

 もうひとつは、被災した気仙中学校の校舎と一本松の写真をあしらった作品。3年生の生徒会長作です。作品には、「復興宣言!」と題したメッセージ。「私たちは『形あるものはすべて失ったけれど、自分たちの心の中にある形のない文化を引き継ぎ繋いでいこう』という気仙中学校復興宣言を行い頑張っています」。

nengajo-1.jpg

 気仙中学校は震災による津波で校舎が水没し、市内矢作町にある閉校した矢作中学校に移りました。この仮校舎での生活が4年になります。同校の鈴木利典校長によると、子どたちはみんな前向きに頑張っているそうですが、仮校舎での教育環境はあまり変わっていません。鈴木校長は言います。

「全生徒83人のうち、まだ半数以上が仮設住宅で暮らしています。生徒の9割がスクールバスで通学しており、子どたちの負担はまだまだ大きい。校庭も狭いので、部活動をもっとのびのびとやらせてあげたい」

 震災の年、気仙中生徒会は「気中復興宣言」で、「Never Give up~力強く歩いていこう~」というスローガンを掲げました。以降、生徒会はこの宣言を引き継ぎ、毎期、新たな目標に取り組んでいます。その活動の様子は同中のホームページで紹介されています。

 平成26年度前期のスローガンは「Next Stage」、そして後期が「Jump」です。「先輩方の素晴らしい伝統を受け継ぐとともに、さらなる成長と新たな歴史への一歩を踏み出したい」と宣言しています。

 頑張れ!気仙中
 
 「チャリティー年賀状」は、ウェブ上で年賀状の作成から宛名書き、投函まででき、1枚購入するごとに10円が、被災校支援のためウェブベルマーク協会に寄付される仕組みで、今年は106点が販売され、110,642枚が購入されました。2月26日には博報堂アイ・スタジオで、大賞などの受賞者表彰式が行われました。

ウェブベルマークで、東北支援を続けよう!

ウェブベルマークは、いつでも誰でも、自宅でできるボランティア。
ネットショッピングの前に、ウェブベルマークサイトを経由するだけ。
あとは自動的に、1円の負担もなく、東北支援を継続できます。
まずは、ウェブベルマークサイトへアクセス!↓↓

https://www.webbellmark.jp/

ウェブベルマークとは

教育支援のパイオニア ベルマークのウェブ版

2013年9月、東北被災校支援をきっかけに始まりました。 自己負担がなく、ネットショッピングで支援金を生み出すことができる仕組みです。

>詳しくは、こちらへ!

Yahoo!ネット募金

Tポイントやクレジットカードで、寄付できるようになりました。

>寄付は、こちらから!

1クリック募金(協賛サイト負担)

ひとり1日1回クリックするだけ、東北被災校へ1円募金!

↓このバナーからウェブベルマークサイトへ。

ネットショッピングで、東北の被災校支援を。Web Bellmark

ウェブベルマーク紹介動画

人気記事

カテゴリー

ウェブベルマークをPRしよう!データ(チラシ・説明資料)をダウンロードできます!

チラシデータ(PDF A5版 カラー・モノクロ)と2017年度説明会にて使用する説明資料(パワポ・PDF)をご用意しています。自由に加工してください。

> チラシデータのダウンロードは、こちら!

> 説明資料・のぼりデータのダウンロードは、こちら!

2017年度版のチラシデータをご用意しました。(2017/03/14)

NEW! 2017年度版の説明資料(パワポ・PDF)をご用意しました。(2017/04/21)

NEW! 説明会会場で掲示しているのぼりデータ(PDF)をご用意しました。(2017/05/12)

LINE公式アカウント

ウェブベルマークLINE公式アカウントです
@webbellmarkでも検索可能です
「利用」「アプリ」など、トークで話しかけてみてください!

友だち追加数