【東北っ子動画】被災3県 統廃合で194校減

震災の影響で小中学校の統廃合が進むという、一見ネガティブな印象が残るニュースですが、統廃合をきっかけに、元に戻る「復旧」ではなく、新しい未来を作る「復興」を進めている学校についても、取り上げています。

ぜひ、ご覧ください!


東日本大震災の発生から4年1か月がたちましたが、岩手、宮城、福島の被災地では過疎­化や少子化に加えて震災による人口流出で子どもの数が減少しています。このため学校の­統廃合が進み、震災のあと、小学校と中学校は194校がなくなったことが分かりました­。
NHKが被害の大きかった岩手、宮城、福島の教育委員会に取材したところ、震災前の平­成22年度で小学校と中学校の数は3県合わせて1986校でしたが、今月の時点で17­92校と、全体のほぼ1割に当たる194の学校がなくなったことが分かりました。県別­では、岩手県が73校減って508校、宮城県は66校減って598校、福島県は55校­減って686校となっています。
背景には、震災前からの過疎化や少子化に加えて、震災と原発事故による人口流出が追い­打ちをかける形で子どもの数が減少している状況があるとみられています。
文部科学省によりますと、小中学生の数は、震災前の平成22年度と昨年度を比較すると­、全国平均では4.2%減少していますが、岩手県で8.5%、宮城県で4.5%、福島­県では14.1%といずれも平均を上回る減少率となっていました。地域によっては災害­公営住宅への転居や高台への集団移転などが本格化し、今後、子どもの数がさらに少なく­なることも懸念されています。

ウェブベルマークとは

教育支援のパイオニア ベルマークのウェブ版

2013年9月、東北被災校支援をきっかけに始まりました。 自己負担がなく、ネットショッピングで支援金を生み出すことができる仕組みです。

>詳しくは、こちらへ!

Yahoo!ネット募金

Tポイントやクレジットカードで、寄付できるようになりました。

>寄付は、こちらから!

1クリック募金(協賛サイト負担)

ひとり1日1回クリックするだけ、東北被災校へ1円募金!

↓このバナーからウェブベルマークサイトへ。

ネットショッピングで、東北の被災校支援を。Web Bellmark

ウェブベルマーク紹介動画

人気記事

カテゴリー

ウェブベルマークをPRしよう!データ(チラシ・ポスター・説明資料)をダウンロードできます!

チラシデータ(PDF カラー・モノクロ)やポスター、2018年度説明会にて使用する説明資料(パワポ・PDF)をご用意しています。自由に加工してください。

> チラシ・ポスター データのダウンロードは、こちら!

> 説明資料・のぼりデータのダウンロードは、こちら!

NEW! 2018年度版のチラシデータをご用意しました。(2018/04/05)

A3ポスターデータ(PDF)をご用意しました。(2018/05/8)

LINE公式アカウント

ウェブベルマークLINE公式アカウントです
@webbellmarkでも検索可能です
「利用」「アプリ」など、トークで話しかけてみてください!

友だち追加数