【東北女子のおすすめグルメ情報】仙台 Botanical item & Café CYAN(シアン)

金の髪の魔女が統べる青い店。こう書けばピンと来る方もおられるのでは? そう、今回ご紹介したいのは、昨年(2015年)の10月にオープンした「Botanical item & Café CYAN(シアン)」です。

仙台・フォーラス前からアーケードを南進すると、南町通りでアーケードがなくなります。そこをさらに直進、目当てのビルは左側。「シャンボール一番町」という建物名の表示を探すまでもなく、やけにノスタルジックな煉瓦造りの建物が目印ときたら、見紛うことはないでしょう。出迎えてくれるのは石膏のニオベ像。一見すると家具屋さんかな? とも思える雰囲気。ここがオープン前から評判高い、シアンです。

最初にシアンの内装を見たとき、これは男性が作った店だと思い込んでいました。金の髪の魔女と表現させていただきました、ダークでゴシック、どこか猫のようで独特の雰囲気を醸し出す女性、一緒に訪れたepiのお友達・えりなちゃんと「あのひと気になる」と騒いでいたところの女性が、まさか店長さんだったときの驚きといったら。この方が阿住さんです。偏愛上等、ということを私に教えてくださいました(勝手に学びました…)。

cyan1.jpg

店内は青。暖色や白ではなく、青(特に夕方、この店にいると、青は黒と似ているということを思う)の壁には、絵画抜きの額縁だけが飾られています。見渡すと、花もあるにはあるが、それより葉が、枝が、木が溢れています。そして、シカやアルマジロの剥製が壁から突き出ています。星椋鳥や、ハーフムーンというショーベタ(きれいなお魚)も。それからブロカントや動物の頭骨などの販売コーナー。テーブルと椅子もこなれたアンティークのよう。……店内、古典的でも現代的でもあり、カオスなようで落ち着く、大変不思議な空間です。

飲み物はこの時期、お店イチオシのコーヒー「RESERVOIR」のアイスが私は好きです。アイスで頼んだら、別のテーブルに花を生けてある花瓶と同じグラスで来ました! これにまずときめきました。お花がお水を吸うのなら、同じグラスでコーヒーを飲む私もお花になれるかのようで。それに、カットの美しい半透明グラスを通して、やや濁って見えるコーヒーの色も、頽廃的で大変好みです。

cyan2.jpg

肝心の香り……第一になんと香ばしく華やかなのかと感動したものです。後味もキレが良く、変に豆の風味が残ることはありません。実は私、コーヒーが好きではあるのですが、紅茶ほどは愛飲しておらず、コーヒーはコーヒーが売りのお店なら飲むとか、その強さから睡眠不足のときに飲みたくなる程度なのです。たまに気持ちに余裕のない自暴自棄モードになると、どうして海外の人はコーヒーばかり好んで納豆を嫌うんだ、どっちも同じじゃないか! と思ってみることもあります…… とにかく、いかにも豆ですといったコーヒーは私苦手かもしれないのですが、こちらの「RESERVOIR」はそんなことなく、非常に繊細で気品があります。

cyan3.jpg

シアンのお食事ものといえば、「インスタ映えする」「フォトジェニック」と開店当初から話題だった、ボタニカルカレー。エメラルド色の美しいアンモナイト型の器に盛り付けられてきます。野菜がたっぷりでうれしい。ライスかバゲットか選べます。ハーバルな風味が横切る、気取らないお味。

cyan4.jpg

店内には植物が溢れ、私はお皿の野菜を食す。植物の命をいただく ということをふと考えました。……普段は、あまりにもお利口ちゃんな、道徳の教科書から出てきたようなコトは嫌いなのですが、このお店に来ると丁度良いバランスで、道徳的な気持ちと反道徳的な気持ちを抱くことができる……。(また文章が暴走している)

美術書を中心とした「阿住文庫」を読むための特等席もあるくらいだから、一人でも気軽に入って、ゆったりと時間を過ごすことができるよ。BGMはピアノがメインのクラシカルなものがお気に入り。それからこのお店の特筆すべき点は、仙台のファッション界を動かしている、美男美女のお客さんに出会える確率が高いことでしょう。何しろイケメンの方々が働いているし、モデル事務所が上の階に入っているのですから。でも、独特な雰囲気の割にはとても落ち着けるから、とにかく良い意味でお客さんを選ばないように思われます。

長居しても許してくださるし、次の予定のため申し訳なくも急いで出ると、さりげなく「お気をつけて行ってらっしゃいませ」(だったかな?)と言ってくださる接客には心震えました。いきなりですが、私、奇抜な見た目なのに人当たりが柔らかい人、好きなんです。シアンの店員さんはみなさんそのようなお方です……

まだまだ書きたいことは盛り沢山なのですが、今日はここで終わりにします。また次回をお楽しみに…。

今回ご紹介したお店の詳細データ

店名 Botanical item & Café CYAN(シアン)
住所 宮城県仙台市青葉区一番町1-6-22 シャンボール一番町 1F
電話 022-302-6881
時間 11:00~21:00(L.O.20:30)
ランチ営業、日曜営業
休日 木曜日

ウェブベルマークとは

教育支援のパイオニア ベルマークのウェブ版

2013年9月、東北被災校支援をきっかけに始まりました。 自己負担がなく、ネットショッピングで支援金を生み出すことができる仕組みです。

>詳しくは、こちらへ!

Yahoo!ネット募金

Tポイントやクレジットカードで、寄付できるようになりました。

>寄付は、こちらから!

1クリック募金(協賛サイト負担)

ひとり1日1回クリックするだけ、東北被災校へ1円募金!

↓このバナーからウェブベルマークサイトへ。

ネットショッピングで、東北の被災校支援を。Web Bellmark

ウェブベルマーク紹介動画

人気記事

カテゴリー

ウェブベルマークを広めるチラシデータがダウンロードできます!

ベルマーク運動参加校の保護者向けに
チラシデータ(A4版・A5版)をご用意しています。

>ダウンロードは、こちら!

A5版チラシの郵送申し込みは、終了いたしました。(2016/08/31)

モノクロのデータ(A4版)をご用意しました。(2017/01/23)

LINE公式アカウント

ウェブベルマークLINE公式アカウントです
@webbellmarkでも検索可能です

友だち追加数