【東北女子のおすすめグルメ情報】仙台 cafe Mozart(カフェ モーツァルト)一番町

こんにちは。今回ご紹介するのは…、仙台を象徴するあまりにも有名なカフェなので、もう何度も訪れているけれどもあえて書くことを控えていた、「cafe Mozart(カフェ モーツァルト)一番町」です。

カフェ巡りが少しでも好きな女の子、そしてそんな女の子を喜ばそうと思いを巡らす男の子は、仙台に育って一定の時期になったら、あるいは地方から仙台に出てきてまず最初に、モーツァルトの洗礼を受けるのではないだろうか。

1.JPG
▲「お洒落で落ち着いた雰囲気のカフェ」としては間違いない

「伊達前」も「ラス前」も死語なのだろうが、仙台の待ち合わせ場所として、「仙台駅構内・伊達政宗騎馬像前」と並ぶのが「フォーラス前」。モーツァルトはフォーラスの二軒隣のビルに入っています。この立地、そして1976年創業という歴史で、モーツァルトは仙台のカフェの中でも不動の立ち位置を占めているのでしょう。

勧誘も拒絶もしない、ただわずかに微笑んでいる佇まい(カフェの看板や入口付近の雰囲気)は、さすがの貫禄。でも、お客さんを選びまくる立派すぎる店構えなわけではないから、やはりお洒落なもの好きの若いお客さんが多いように思われます。

2.JPG
▲親密なコーナー席

話がずれますが、そんなカフェを今回ご紹介しようと思ったのは、私、目下マリー・アントワネットブームだからなんです。敬愛する音楽ライター・高野麻衣さまが、素晴らしく夢のあるCD『マリー・アントワネットの音楽会』を出されたことが切掛けです。このCDのライナーノーツは、王妃・アントワネット自らが語るメモワール(回想録)風になっていて、

「同じ頃、パリにやってきた同郷の音楽家モーツァルトの噂を聞くこともありました。少女時代、故郷の宮廷で評判だった天才少年です。耳に新しい彼の音楽は、音符が多すぎて騒々しく感じたけれど、シンプルな歌曲やハープの歌はよく、子守歌がわりに奏でたものです。」

これを読んだら映画『アマデウス』のことを思い出し、アントワネットとモーツァルトが繋がり、それなら今こそ、モーツァルトの名前を持つカフェのことを少し書いてみようと思ったの。

さあ、優美で素朴な苺ドリンクと、軽快で端麗なブレンドを飲みながらいきましょう。

3.JPG
▲ぶれててごめんなさいね……

苺ドリンクと書いたものは、ドリンクだけれどデザートと捉えたほうがよいかもしれない、「いちごのチェー」。物珍しく愉快な響きの言葉に惹かれてしまう性質の私は、メニュー表にこの名前を見て、これにしようとすっかり決めた(『ツェねずみ』という響きが妙におかしくていつまでも笑い転げていた少女時代から変わっていない)。でもどんなものなのか、注文を取りに来てくれたお兄さんに聞いてみる。

「いちごジャムが下に沈んでるドリンクです。割と甘くて、素朴な味ですね。おばあちゃんちで出てくるような…」

4.JPG
▲イチゴジャム、たっぷり沈んでます

平日夜の遅い時間に行ったものだから、空いてて本当に贅沢だ。カウンターの中からお姉さんの声が聞こえる。「なんて言ったの?」「おばあちゃんちで出てくるみたいな」「だめだよそれ」 おお…お兄さん頑張って!(抜け抜けな私が言えることではないよ!) …こう書くとお兄さんが怒られてるみたいだけれど、二人の声は仲がよさそうだった。私も綺麗なお姉さんにたしなめられてみたい。

いちごのチェーは甘いといっても杏仁系の甘さなので全然しつこくなく、実にかわいい飲み物だった。キレの良いブレンドと交互に楽しんだ。

5.JPG
▲氷のまあるくかわいい穴を見ているのも飽きない

モーツァルトのメニューは他にもおいしいのがたくさんありますよ。40周年を迎えてのリニューアル(2016年12月)後はベトナム料理が中心でしょうか……例えばパクチー好きにはたまらないフォー。低いテーブルで食べるのは少しばかり悲劇的だけれど。お洒落な味のフォカッチャは、時間を問わずあるはず。カフェ・ウクライナや、キャラメルアイス乗せのシナモントーストも大好き。

6.JPG
▲ところで、私の座っている席

7.JPG
▲ピアノの上にはモーツァルト書簡全集

私はピアノが接する、この上なく贅沢なお席に座っています。四人席です。一人なのに…… でも店内が十分に空いていれば、いつもここに座ってしまう。なんて迷惑な客!

このテーブルには、ピアノの椅子みたいなのと、十字架がくり抜かれたデザインの椅子と、ホタテの貝殻のように優美な椅子があって、その椅子たちには座らない。そのお気に入りの椅子たちを眺めることのできる、最後に残った横長の椅子に座る。

8.JPG
▲ピアノの椅子と十字架の椅子

9.JPG
▲ホタテ貝の椅子

モーツァルトの特徴は、テーブルも椅子もばらばらなこと。確かに、横に長い店内の左側と右側(分煙なのです)では雰囲気が違う。左側は革の椅子で統一、色もちらほら入ってスタイリッシュ。右側が私の好むフロアで、こちらは基本的に木製のテーブルと椅子。あたたかな茶色に包まれる。

そして音楽! 「店内にはいつでもモーツァルトが流れています」としたサイトを見つけた。なんて幸せな一節なのだろう。「いつでも」と言い切っていいのかはわからないが、いずれにせよ高確率ではある。ピアノ、チェンバロ、声楽、管弦楽、心地よい調べが絶えず流れていることは確かだ。回転木馬のごとく軽やかでやさしい、それでいて壮麗な音楽は、店内の木製家具の静謐なぬくもりと相まって、極上の時間を作ってくれる。

間もなく閉店の帰り際、なんとマルティーニ『愛の喜び』が流れた。おお! 最初に触れたCDの構成も、最後がこれなのだ。

「もし、世界から取り残されたように孤独な夜があっても、私は世界を愛そうと思う。それだけでいいのです――だって私には、たくさんの愛の記憶があるから。」

(CDと麻衣さまについてはここをチェック! http://www.salonette.net/entry/2017/01/14/001259

10.JPG
▲勝手にアントワネットのイメージなシャンデリア

モーツァルト系列のカフェは、仙台に5店舗あります。

片平に佇む、青と黄色の扉のcafe mozart Atelier。上質な雰囲気は5店舗中一番か。渋い紳士のお客さん、アート好きっぽいお客さんも多いイメージだ。天気が良ければ、緑豊かなテラス席に出て広瀬川を眺めるのもイチオシ。記事冒頭の写真は、3年以上前、美しい画家さんの初デートにて写していただいたもの。レモンをしぼって食べたパスタの鮮やかな味を今でも覚えている。

東北大・川内キャンパスの萩ホールに出来た、cafe mozart Klee’s coffee。なんといってもクレーの絵が愛らしい。ここは光がたくさん入ってくる静かな空間。エキゾチックなお料理の絶妙な味付けを喜びながら、すべてが優しく狂って歪む特殊加工のガラスの外を眺め―…飛び跳ねてゆくスズメ、ワルツを踊る枯葉を観察するのは、言いようもなく癒される。

地下鉄東西線の開業に合わせて、国際センター駅にはcafe mozart Métroがある。メトロ…手抜きじゃないかというネーミングが逆にかわいい。国際センターでのファッションショーに出演した際は、美しく賢明で優しい、憧れのモデルちゃんとお昼に出て、ここのエビカツサンドをテイクアウトした。大満足な味だったけれど、綺麗にかぶりつけなくて赤面した。

そして、宮城県美術館併設のcafe mozart Figaro & Papageno。椅子の色使いが最も狂っていて良い。ショーケースには魅惑の果物のタルトが並ぶ。一度、綺麗な名前のお兄さんとここでお茶した。私が頼んだベリーのアイスティーほど私たちの関係は赤く実らず、私たちの物語は、当時この県美で開催されていたゴッホ展の積まれた本の絵の背景ほど、桃色にも染まらなかった。

ダントツで歴史のあるカフェは一番町のモーツァルト。

みなさんもぜひ、お気に入りのモーツァルト、そしてお気に入りのテーブルと椅子を見つけてみては。
(玉田優花子)

ご紹介したお店の詳細情報

店名:モーツアルト
住所:宮城県仙台市青葉区一番町3-11-14 丸和ビル 3F
TEL:022-263-4689
営業時間:
[月~木・日] 11:00~22:30(L.O.22:10)
[金・土・祝前日] 11:00~23:00(L.O.22:40)
ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業
定休日:無休
HP:http://mozartatelier.jugem.jp/

ウェブベルマークとは

教育支援のパイオニア ベルマークのウェブ版

2013年9月、東北被災校支援をきっかけに始まりました。 自己負担がなく、ネットショッピングで支援金を生み出すことができる仕組みです。

>詳しくは、こちらへ!

Yahoo!ネット募金

Tポイントやクレジットカードで、寄付できるようになりました。

>寄付は、こちらから!

1クリック募金(協賛サイト負担)

ひとり1日1回クリックするだけ、東北被災校へ1円募金!

↓このバナーからウェブベルマークサイトへ。

ネットショッピングで、東北の被災校支援を。Web Bellmark

ウェブベルマーク紹介動画

人気記事

カテゴリー

ウェブベルマークをPRしよう!データ(チラシ・説明資料)をダウンロードできます!

チラシデータ(PDF A5版 カラー・モノクロ)と2017年度説明会にて使用する説明資料(パワポ・PDF)をご用意しています。自由に加工してください。

> チラシデータのダウンロードは、こちら!

> 説明資料データのダウンロードは、こちら!

2017年度版のチラシデータをご用意しました。(2017/03/14)

NEW! 2017年度版の説明資料(パワポ・PDF)をご用意しました。(2017/04/21)

LINE公式アカウント

ウェブベルマークLINE公式アカウントです
@webbellmarkでも検索可能です
「利用」「アプリ」など、トークで話しかけてみてください!

友だち追加数