【東北女子のおすすめグルメ情報】仙台・野菜を食べるカレーcamp

アウトドアとインドアのあひだ、これが今日のテーマです。

……こんにちは、優花子です。

すっかり本格的な秋となりましたね。読書の秋、芸術の秋、スポーツの秋、そして、アウトドアの秋――

本日ご紹介するのは、PARCO2のB1階レストランフロアに入っている「野菜を食べるカレーcamp」。

名前の通り、キャンプに来たかのような雰囲気のお店です。

camp1.JPG

▲ドアはないオープンな入口

半ばオープンフロアなので入口近くの席はちょっぴり恥ずかしいけれど、それでもいいのよ。

都会的なこのフロア、カジュアルで入りやすいこの店内、魅力的です。

賑やかな装飾が心を浮き立たせます。ここに入っていく女性のお客さんがぞろぞろ。

camp2.JPG

▲入口すぐのカウンター

何度もここに足を運んでいる私ですが、今回もテーブル席に案内していただきました。

camp3.JPG

▲賑やかな飾り

店内の装飾は手作り感あふれて幸せな気分になります――まるで自由奔放で残忍な子どもが舞台芸術ディレクターとして陰に君臨しているかのよう!

camp4.JPG

▲テーブルから見える風景

こういうの、反応しちゃうんですよね……野菜のイラスト。

そして上の写真では見にくいですが、下に特別メニューが写っています。テーブルで見られるメニュー表には載っていない、黒板に書かれたおすすめメニュー。

実は私、何度かここを訪れており、一度この黒板にある「トマトと生姜のチキンカレー」を頂いたらとても気に入ったんです。しかし、もう一度頂きたいと思って再訪した際、恥ずかしいことにこの黒板の位置を忘れて見ることができず、もう終わったものと勘違いし……  

会計時にこの黒板の場所に気づいたのでした。

というわけで、今回はこのメニューがまだあることを願って何度目かの再訪。まだあってよかった~!

今回は黒板にあるように、1辛UPをオーダー。

camp5.JPG

▲お先にマンゴージュースを

思うのだけれど――

アウトドアは楽しい。でも、楽しいのはアウトドアの “イメージ” であったりする。

例えば、お花見……ブルーシートのあの暴力的な色は美学を解さない。ピクニック……ホットサンドに勢いよくかぶりついて咀嚼しながら話す人が下品、それを誤魔化すBGMもなく、聞こえるのは気紛れに吹くそよ風の音ばかり。BBQ……煙の匂いが思ったより強烈でお洋服についてしまうし、野菜が少なくてお肉攻撃に遭ってしまう。芋煮……仙台風と山形風でも揉めるし、少なくとも山形風は一晩置いてからのほうが美味しい。

というわけで、アウトドアが楽しいのはそのイメージにおいてだけなのである。実際のアウトドアにはあんにゅいなことがつきまとう。

アウトドアにほんのり憧れるお嬢様は、アウトドア風味の飲食店に行きましょう。

アウトドアを屋内にて遂行するのが真の不良少女!

不良になりましょう! ――ここ、アウトドア風味のcampで。

お嬢様方のお好きな野菜も揃っておりますわ。

……そんなこんなしてるうちにお食事が運ばれてきましたよ。

camp6.JPG

▲トマトと生姜のカレー

カレーってなんて素晴らしいの! ――もしフレンチのエッセンスがソースなのであれば、カレーなんてメインがソースみたいなもの。なんて斬新なお料理! なんて大胆なお料理!!!

camp7.JPG

▲ハート♡ 地味に何度か通っているので、そろそろハートにしてくださったのでしょうか♡ それはお幸せな思い違いでしょうか。いずれにせよ嬉しいです♡

camp8.JPG

▲テーブル横

ここにあるエプロン・ナプキン、スプーンを使っていただきます。

camp9.JPG

▲シャベル型、あるいはスペード♠のスプーン

シャベルの形って、合理的なのよ。

というのは、一般的にナイフとフォークとスプーンがありますね。大きないくつものお皿をいただくのには良いけれど、カレーひと皿をいただくのに3種類の銀器を使うのは――正直置き場所にも困ってスマートに扱えない。となるとシャベル形のカトラリーは、野菜を切るナイフ、野菜とカレーとごはんを掬うスプーンの役割を果たしてくれるのです。

フォークの刺す役割はどうかって? ……野菜はフォークとナイフがなくとも、シャベル型スプーンひとつで切って口に運べるし、この鶏肉といったら! 

長く鋭いスペード♠でほろほろと崩れゆく鶏肉――柔らかいので骨から身を引きはがすのはいとも簡単だ――この幸せよ!

このソース(カレー)、生姜が自らの身を犠牲にして粉々ソースに崩れ落ちた頽廃のお味もたまりません。

camp10.JPG

▲水筒は赤いタータンチェック

camp11.JPG

▲やっぱりこういうコーナーが好き

野菜の仕入れからきちんとしているのでしょうね。各種カレーのサンプルもあります。

camp12.JPG

▲野菜の日だったのね

――お嬢様はカレーがお好き。

家根つきお散歩(PARCO2のウィンドゥショッピング)ののち、campで室内アウトドアをされるコース、厳かにお勧めいたしますわ。

(玉田優花子/冒頭写真:伊藤祐一)

今回ご紹介したお店の詳細データ

店名:仙台・野菜を食べるカレーcamp
住所:宮城県仙台市青葉区中央3-7-5 仙台パルコ2 1F
電話:022-748-6276
営業時間 :11:00~23:00

ウェブベルマークとは

教育支援のパイオニア ベルマークのウェブ版

2013年9月、東北被災校支援をきっかけに始まりました。 自己負担がなく、ネットショッピングで支援金を生み出すことができる仕組みです。

>詳しくは、こちらへ!

Yahoo!ネット募金

Tポイントやクレジットカードで、寄付できるようになりました。

>寄付は、こちらから!

1クリック募金(協賛サイト負担)

ひとり1日1回クリックするだけ、東北被災校へ1円募金!

↓このバナーからウェブベルマークサイトへ。

ネットショッピングで、東北の被災校支援を。Web Bellmark

ウェブベルマーク紹介動画

人気記事

カテゴリー

ウェブベルマークをPRしよう!データ(チラシ・説明資料)をダウンロードできます!

チラシデータ(PDF A5版 カラー・モノクロ)と2017年度説明会にて使用する説明資料(パワポ・PDF)をご用意しています。自由に加工してください。

> チラシデータのダウンロードは、こちら!

> 説明資料・のぼりデータのダウンロードは、こちら!

2017年度版のチラシデータをご用意しました。(2017/03/14)

NEW! 2017年度版の説明資料(パワポ・PDF)をご用意しました。(2017/04/21)

NEW! 説明会会場で掲示しているのぼりデータ(PDF)をご用意しました。(2017/05/12)

LINE公式アカウント

ウェブベルマークLINE公式アカウントです
@webbellmarkでも検索可能です
「利用」「アプリ」など、トークで話しかけてみてください!

友だち追加数