【被災校訪問レポート・岩手】校庭で遊ぶことなく卒業も=大船渡市立末崎小学校


岩手県大船渡市の最南端、末崎町にある市立末崎小学校。校庭に仮設住宅が建ち並びます。

DSC00627.JPG
写真説明:休み時間に校舎の周りを走る子どもたち。熊谷校長が見守ります=末崎小

校庭は、休み時間や放課後、先生から離れて友情や人間関係を培っていく自治的な時間と空間。子どものなかで問題を解決していける場所。そう考える熊谷拓郎校長は、大切な校庭を使えない悩みを語りました。
体育館や中庭は体を動かすスペースを生み出せますが、児童の体力が落ちているのも心配です。「サッカーも陸上も動きが小さくて……。陸上の練習をするにも室内と土では条件も違いますから」。

DSC00614.JPG
写真説明:ベルマーク財団からの援助金で購入したゴールポスト=末崎小

仮設住宅は来年夏には移転する計画です。土の入れ替え作業などで、元に戻るのはさらに先になります。震災時に1年生だった今の5年生は、校庭に立つことなく卒業する見通しです。
児童152人のうち15人がいまも仮設住宅にいます。うち2人は校庭から通います。移転すれば通学が不便になるし、仮設の人たちにも負担をかけます。「校庭が戻ればいい、というわけではないんです」
今年度の財団の援助では、プールのコースロープを買う予定です。「ベルマークには助けられています」と熊谷校長は話しました。

(ヘッダー写真説明)

末崎小の校庭に建ち並ぶ仮設住宅

ウェブベルマークとは

教育支援のパイオニア ベルマークのウェブ版

2013年9月、東北被災校支援をきっかけに始まりました。 自己負担がなく、ネットショッピングで支援金を生み出すことができる仕組みです。

>詳しくは、こちらへ!

Yahoo!ネット募金

Tポイントやクレジットカードで、寄付できるようになりました。

>寄付は、こちらから!

1クリック募金(協賛サイト負担)

ひとり1日1回クリックするだけ、東北被災校へ1円募金!

↓このバナーからウェブベルマークサイトへ。

ネットショッピングで、東北の被災校支援を。Web Bellmark

ウェブベルマーク紹介動画

人気記事

カテゴリー

ウェブベルマークを広めるチラシデータがダウンロードできます!

ベルマーク運動参加校の保護者向けに
チラシデータ(A5版 カラー・モノクロ)をご用意しています。

>ダウンロードは、こちら!

A5版チラシの郵送受付は、終了いたしました。(2016/08/31)

NEW! 2017年度版のデータ(A5版)をご用意しました。(2017/03/14)

LINE公式アカウント

ウェブベルマークLINE公式アカウントです
@webbellmarkでも検索可能です
「利用」「アプリ」など、トークで話しかけてみてください!

友だち追加数