【被災校訪問レポート・岩手】全校生徒229人の28%が仮設住宅から=大船渡市立大船渡中学校

大船渡湾を望む高台にある大船渡市立大船渡中学校の校庭にも仮設住宅があります。入居者が減り、今年2月に駐車場を縮めて小さな「広場」ができました。サッカーゴールを置き、シュート練習はできる広さです。金賢治校長は「生徒は『土の上でできるだけで十分です』と泣かせてくれます」と話します。

DSC00657.JPG
写真説明:借りたグラウンドで練習する大船渡中の野球部。広さがうれしい=大船渡市内

野球部は毎月半分ほど、市教委のバスで学校から15分ほど離れたグラウンドを借りています。夕方1~2時間の練習ですが、監督の戸羽智英先生は「モチベーションが上がります」。部長の田中友輝君(2年)は「試合に近い実戦ができるし、声を思い切り出せてまとまりが出てきました」と話しました。

全校生徒229人の28%が仮設住宅です。金校長は言います。「心がけているのは、全員に震災前に流れていた時間を取り戻してやること。学校に来れば普通があって楽しかったと卒業生にいわれたのはうれしい言葉でした」

10月16日、大船渡中では下方にある大船渡小と合同で、津波を想定した避難訓練をします。震災時は実際、小学校から児童や教職員たちが高台の中学校に逃げ、全員無事でした。「訓練でやってよかったことを確認し、学校として伝え、残していくべきことは日々の営みにつないで入れていきます」と金校長は話しました。

(写真説明)
ヘッダー写真:校庭代わりに使う中庭。仮設のテニスコートはありますが……=大船渡中

ウェブベルマークとは

教育支援のパイオニア ベルマークのウェブ版

2013年9月、東北被災校支援をきっかけに始まりました。 自己負担がなく、ネットショッピングで支援金を生み出すことができる仕組みです。

>詳しくは、こちらへ!

Yahoo!ネット募金

Tポイントやクレジットカードで、寄付できるようになりました。

>寄付は、こちらから!

1クリック募金(協賛サイト負担)

ひとり1日1回クリックするだけ、東北被災校へ1円募金!

↓このバナーからウェブベルマークサイトへ。

ネットショッピングで、東北の被災校支援を。Web Bellmark

ウェブベルマーク紹介動画

人気記事

カテゴリー

ウェブベルマークをPRしよう!データ(チラシ・説明資料)をダウンロードできます!

チラシデータ(PDF A5版 カラー・モノクロ)と2017年度説明会にて使用する説明資料(パワポ・PDF)をご用意しています。自由に加工してください。

> チラシデータのダウンロードは、こちら!

> 説明資料データのダウンロードは、こちら!

2017年度版のチラシデータをご用意しました。(2017/03/14)

NEW! 2017年度版の説明資料(パワポ・PDF)をご用意しました。(2017/04/21)

LINE公式アカウント

ウェブベルマークLINE公式アカウントです
@webbellmarkでも検索可能です
「利用」「アプリ」など、トークで話しかけてみてください!

友だち追加数