【被災校訪問レポート・岩手】毎月11日は「釜小防災の日」=釜石市立釜石小学校

釜石市立釜石小学校は海から約1㌔離れた高台にあります。震災の日は短縮授業で、地震発生時には当時の児童184人は自宅や公園などにいましたが、全員無事でした。校区の大半は津波浸水予想地域ですが、それまでの防災教育が生きたことで知られています。

毎月11日は「釜小防災の日」です。当時の状況をただひとり知る外舘千春先生によると、低学年は津波・避難場所を知る、中高学年は津波や地震のメカニズム、昔の人の教訓を学ぶといった授業をします。訓練をする時もあります。

DSC00724.JPG
写真説明:病院の敬老会に2年生がおじゃまして「ずいずいずっころばし」を一緒に楽しみました=釜石小

紺野仁司校長と校内を歩きました。廊下や昇降口に貼ってある「全校ぼうさい安全マップ」が目を引きます。校区の危険な場所を子どもたちの視線で見つけ、注意を促すのです。毎年更新し、6月にまた新しくしました。

DSC00686.JPG
写真説明:各地からの励ましのお便りがたくさん掲示してあります=釜石小

児童118人の4分の1が仮設住宅から通います。アパートを借り上げる「みなし仮設」の子もいます。震災後に異動してきた紺野校長は、家が狭くて勉強する場にも困る仮設住宅の子の環境を心配します。紺野校長自身、家を失って仮設住宅で3年過ごした経験からの思いです。

ヘッダー写真説明:児童たちが詳しく調べて作った「ぼうさい安全マップ」=釜石小

ウェブベルマークとは

教育支援のパイオニア ベルマークのウェブ版

2013年9月、東北被災校支援をきっかけに始まりました。 自己負担がなく、ネットショッピングで支援金を生み出すことができる仕組みです。

>詳しくは、こちらへ!

Yahoo!ネット募金

Tポイントやクレジットカードで、寄付できるようになりました。

>寄付は、こちらから!

1クリック募金(協賛サイト負担)

ひとり1日1回クリックするだけ、東北被災校へ1円募金!

↓このバナーからウェブベルマークサイトへ。

ネットショッピングで、東北の被災校支援を。Web Bellmark

ウェブベルマーク紹介動画

人気記事

カテゴリー

ウェブベルマークをPRしよう!データ(チラシ・ポスター・説明資料)をダウンロードできます!

チラシデータ(PDF カラー・モノクロ)やポスター、2018年度説明会にて使用する説明資料(パワポ・PDF)をご用意しています。自由に加工してください。

> チラシ・ポスター データのダウンロードは、こちら!

> 説明資料・のぼりデータのダウンロードは、こちら!

NEW! 2018年度版のチラシデータをご用意しました。(2018/04/05)

A3ポスターデータ(PDF)をご用意しました。(2018/05/8)

LINE公式アカウント

ウェブベルマークLINE公式アカウントです
@webbellmarkでも検索可能です
「利用」「アプリ」など、トークで話しかけてみてください!

友だち追加数